/

この記事は会員限定です

三菱ケミ、炭素繊維を「循環」 先端素材も脱・使い捨て

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

使用済み製品を再生して何度も使うサーキュラーエコノミー(循環型経済)が日本企業にも広がり始めた。三菱ケミカルは先端素材の炭素繊維の再生事業を本格的に開始。バンダイナムコホールディングスはプラモデルの廃材を再利用する。関連市場は2030年に500兆円に成長する見通し。大量生産・大量廃棄から環境に配慮した事業構造に転換が進む。

ドイツ・ハンブルク近郊のウィシュハーフェン。田園風景が広がる小さな町に、三菱ケミカルが炭素繊維の事業モデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン