/

この記事は会員限定です

半導体装置・素材増産へ SUMCO「新工場検討」

東エレクはAIで効率生産支援

(更新) [有料会員限定]

世界で半導体不足が深刻ななか、半導体製造装置・材料メーカーが生産能力の増強に動き出す。半導体の土台となるシリコンウエハーの大手、SUMCOの橋本真幸会長兼最高経営責任者(CEO)は「新工場建設を検討している」と明らかにした。東京エレクトロンも増産投資をしつつ、人工知能(AI)を使い顧客の半導体工場の稼働率を高めるサービスを展開する。業界内の投資意欲は高い一方で、各社は過剰生産のリスクも考慮した戦略を迫られる。

「こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン