/

この記事は会員限定です

ユニクロ、銀座店で試すリアル店舗の可能性

歴史や世界観を体験する「展示空間」に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ファーストリテイリング傘下のユニクロが17日に旗艦店「ユニクロ銀座店」(東京・中央)を改装オープンした。東京・銀座は新型コロナウイルス感染拡大で訪日外国人(インバウンド)が消え、国内の人出も戻っていない。逆風が続く銀座の地での再出発から今後の実店舗の可能性が見えてくる。

「ユニクロ」博物館を体験

17日の新装開業日には午前10時の開店前から約200人が列をなした。同店での買い物を終えた杉並区在住の女性(60)は、「数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン