/

この記事は会員限定です

サントリー、低アルで米開拓 シェア2位ボストンと提携

(更新) [有料会員限定]

サントリーホールディングス(HD)は米クラフトビール2位のボストン・ビールと業務提携し、米国で缶チューハイなど低アルコール飲料市場に本格参入する。共同で商品を開発し、米社の流通網を活用して販売を拡大する。これまで国内向けが大半だったが、健康志向や新型コロナウイルス禍を契機にした「家飲み」の広がりで成長する米国市場を開拓する。

低アルコール飲料とは一般にアルコール度数が10%未満の商品とされる。ウイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン