/

キリン、中国飲料の合弁解消発表 中国系ファンドへ売却

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

キリンホールディングス(HD)は16日、中国の飲料大手「華潤集団」と現地で手がける清涼飲料の合弁事業を解消すると発表した。合弁会社の持ち分すべてを10億ドル(約1150億円)で中国系ファンドのプラトーに売却する。キリンHDはミャンマーでのビール事業からも撤退する。国内市場の頭打ちから新興国市場に打って出たが、想定ほどにはブランド浸透の効果が出ず、いずれも撤退を決めた。

合弁を解消する「華潤麒麟飲料」は2011年、キリンHDが4割、華潤が6割を出資して設立した。キリンHDは単独で1990年代から上海や北京などで飲料の販売を手がけてきたが、販路拡大を狙い、華潤との合弁会社設立に至った。ただ合弁会社ではキリンHDの紅茶飲料「午後の紅茶」などを製造・販売したものの、華潤が手がけるミネラルウオーターの売り上げが中心で、キリンHDの商品群のブランド浸透にはつながらなかったようだ。

キリンHDの出資額は330億円。新型コロナウイルス禍の巣ごもり需要を追い風に、合弁会社の売上高が伸びていることから売り時と判断した。キリンHDは合弁解消で22年12月期決算に売却益約390億円を計上する見込み。連結業績に与える影響は「精査中」としている。

キリンHDは中国での清涼飲料製造から撤退することになるが、全額出資子会社などを通じ、現地でビールの製造は続ける。知財の使用などで今後も華潤との業務提携は継続する予定だ。

ただ、国内のビール系飲料の市場はピークの1994年から4割減っている。新興国に活路を見いだそうとしたが、欧米大手に押され、国内ビール大手は改めて戦略の見直しを迫られている。キリンHDは今後、先進国を中心に収益性の高いクラフトビールなどに軸足を移す考えだ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン