/

家入氏のVC、2号ファンド設立 100億円規模目指す

クラウドファンディング大手CAMPFIRE(キャンプファイヤー、東京・渋谷)の家入一真社長らが設立したベンチャーキャピタル(VC)のNOW(同・千代田)はこのほど、2号ファンドを設立したと発表した。すでに25億円を集めており、今後100億円規模を目指す。

ファンドには新生銀行やSMBC日興証券、グリーなどが出資した。創業初期の企業を中心に、事業が軌道に乗った成長段階の企業にも資金を投じる。クラウド経由でソフトウエアを提供するSaaS企業やデジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しする企業、電子商取引(EC)事業者など幅広い分野を対象とする。1号ファンドではプロジェクト管理ツールのヌーラボ(福岡市)などに投資している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン