/

アスクルの6~8月期、営業益9%増 生活用品が好調

アスクルが16日発表した2021年6~8月期の連結決算は、営業利益が前年同期比9%増の32億円と、同期間として過去最高だった。電子商取引(EC)需要の拡大で飲料などの生活用品が好調だった。利益率の高いマスクなど衛生用品の反動減があったが、個人向け通販の固定費削減などで補った。

アスクルは生活関連の消耗品が好調

売上高は2%増の1024億円だった。新型コロナウイルスの感染が拡大した前年に比べて感染対策用品の売り上げが落ち込んだものの、トイレットペーパーなど生活関連の消耗品の好調でカバーした。

純利益は43%増の21億円だった。前年同期は配送子会社株式の売却に伴う特別損失を計上していた。個人向け通販サイト「ロハコ」は、アスクルと同じZホールディングス傘下のヤフーが提供するシステム基盤に移管した。サイトの運用や保守にかかる費用を減らし、利益率を改善した。

22年5月期の業績予想は据え置いた。売上高は2%増の4300億円、純利益は16%増の90億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン