/

この記事は会員限定です

五輪、テレビでも臨場感 オメガは秒速リアルタイム表示

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東京五輪・パラリンピックで新たな技術が「巣ごもり観戦」の臨場感を高めている。人工知能(AI)の活用や全方位から見られる映像技術がそろい、テレビ、動画で観戦する視聴者に選手の躍動感を伝える。五輪は世界で数十億人が視聴する。映像技術の進展が大会の盛り上げに一役買っている。

7月28日、大橋悠依選手が競泳の女子200メートル個人メドレーで金メダルを取ったレース。試合終盤、テレビ画面には上位選手の泳ぐ姿を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン