/

この記事は会員限定です

三菱ケミカルHD、遅れた事業選別 業績回復力に見劣り

黒瀬泰斗

[有料会員限定]

化学国内最大手、三菱ケミカルホールディングス(HD)の新型コロナウイルス禍からの業績回復が競合と比べ遅れている。2022年3月期の連結最終損益の予想は総合化学大手5社のなかで唯一、コロナ禍前の5年平均に届かない。背景を探るとこれまでの事業変革の遅れと初めて外国人社長を招いた狙いがみえてくる。

三菱ケミカルHDの22年3月期の最終損益は970億円の黒字(前期は75億円の赤字)となり、20年3月期も79%上回る見通し。一見順調な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン