/

この記事は会員限定です

東芝 車載半導体の動作検証時間、従来の10分の1に短縮

[有料会員限定]

東芝は車載半導体の動作を短時間で検証できる技術を開発した。コンピューター上でシミュレーションできるようにし、熱やノイズがどの程度発生するかなどを従来の約10分の1の時間で判定する。機器メーカーの開発時間短縮につながる。

東芝子会社の東芝デバイス&ストレージ(東京・港)が開発した技術で、自動車の電力の供給や制御などに使う「パワー半導体」などを検証する。動作に支障を来す熱やノイズをシミュレーションし、一部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン