/

この記事は会員限定です

コロナ患者のデータ蓄積、創薬に活用 国主導で計画始動

[有料会員限定]

新型コロナウイルスなどの感染症の患者から集めたデータを蓄積し、創薬研究などに提供する取り組みが月内にも本格的に始まる。国立感染症研究所や国立国際医療研究センターを中心に、患者の血液などの試料の遺伝情報を解析し、診療情報などと共に研究用に企業などに提供する。国主導で整備し、感染症の流行時の治療薬やワクチンの開発などを促す。

整備するのは、感染症を対象にした「バイオバンク」だ。患者の血液、唾液、鼻拭い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン