/

この記事は会員限定です

Jパワー、山口の石炭火力建設断念 脱炭素で採算合わず

[有料会員限定]

Jパワーは山口県宇部市で計画していた石炭火力発電所の建設を断念する方針を固めた。脱炭素の流れを受けて石炭火力への風当たりが強まり、事業の実現性が低くなった。最新の環境対策を投じても十分な採算を見込めるか微妙な情勢だった。Jパワーの建設断念で、国内で新規の石炭火力の建設計画はほぼなくなる。

16日に発表する。建設をやめるのは60万キロワットの発電所2基で、2015年に建設計画を公表し、当初は26年の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り507文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン