/

この記事は会員限定です

世界のユニコーン、5割増え700社突破 米国勢けん引

デジタル化とカネ余りで

[有料会員限定]

世界的なカネ余りを背景に未上場企業の価値が膨らんでいる。「ユニコーン」と呼ばれる企業価値が10億ドル(約1100億円)以上の有力スタートアップは1年前と比べて5割増え、世界で700社を突破。合計の企業価値(時価総額)は7割近く増えた。新型コロナウイルス禍におけるデジタル化の需要の高まりに加えて、未公開株への資金流入が加速していることが主因だ。

米調査会社CBインサイツのデータを日本経済新聞社が分析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン