/

アフリカ新興に投資 サムライインキュベート、20億円規模

国内外のスタートアップに投資するサムライインキュベート(東京・港)はこのほどアフリカ向けの2号ファンドの組成が完了したと発表した。規模は20億2600万円で、1号ファンド(2.7億円)を大きく上回る。

ファンドにはアフリカ市場に詳しい豊田通商や同地域での事業展開に関心を持つ事業会社、個人投資家が出資した。

2号ファンドでは創業まもない段階から事業開発段階の企業を中心に、1社あたり1000万円~8000万円を投じる。1号ファンド(500万円~3000万円)に比べ1社あたりの投資できる額が増え、追加投資しやすくなる。

ケニア、南アフリカ、ナイジェリア、エジプトを中心に、金融・保険、物流、医療・ヘルスケアなど幅広い分野に投資する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン