/

オープンハウスグループが増配 22年9月期、業績好調で

オープンハウスグループは15日、2022年9月期の年間配当を前期比17円増の129円にすると発表した。従来予想から5円増やす。首都圏や関西などの都市部を中心に戸建て住宅の販売が堅調に推移し、22年9月期の連結純利益は過去最高となる見通し。配当性向の目安を20%以上とする方針を掲げており、業績の拡大を受けて株主配分を増やす。

期末配当予想を62円から67円(前年同期実績は62円)に引き上げる。22年9月期の連結売上高は前期比15%増の9350億円、純利益は9%増の757億円を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン