/

この記事は会員限定です

米議決権助言会社2社、関西スーパーの議案に反対

29日の臨時総会、H2O系との統合について

[有料会員限定]

関西スーパーマーケットが29日に開く臨時株主総会について、米国の議決権行使助言会社インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は15日、エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)傘下のイズミヤと阪急オアシスとの株式交換議案など全5議案にすべて反対を推奨した。反対の理由について経営統合による相乗効果が不明確でオーケー(横浜市)による買収提案の方がより有益などとしている。米グラスルイスも同日、全ての議案に反対を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン