/

この記事は会員限定です

コメ現物市場の創設、農水省が設計とりまとめ

[有料会員限定]

コメの現物取引市場の創設を話し合う検討会の第4回会合が16日開かれ、農林水産省は市場設計をとりまとめた。現物市場で取引される価格帯や取引量を公表し、コメの価格指標をつくる。ただ、市場開設の時期や開設主体・売買方法など方向性を出していない内容も多く、今後の具体論は曲折がありそうだ。

とりまとめた市場設計では、コメ現物の仲介市場として、農業協同組合(JA)など集荷事業者を主な売り手、コメ卸を主な買い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン