/

NTT東西、公衆電話を5年で4万台削減 6万9000台に

NTT東日本・西日本は15日、両社に設置が義務付けられている公衆電話について、5年間で約4万台を削減し、6万9000台とする方針を明らかにした。4月から設置台数の基準が緩和されることを受け、赤字の続く公衆電話事業の負担軽減に取り組む。

総務省の有識者会議で説明した。NTT東西は最終的な設置台数を3万台と想定し、今後10~15年間かけて7万9000台を削減する方針を示した。ボックス型を4万6000台、キャビネット型を3万3000台撤去する。まずは5年間で目標の半数にあたる約4万台の削減に取り組む。

総務省は携帯電話の普及を受けて2021年7月、公衆電話の設置台数の下限を2万7000台とする新しい基準をまとめていた。NTT東西は設置義務のある公衆電話を全国で約10万9000台設置している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません