/

この記事は会員限定です

EY新日本監査法人・片倉正美理事長 変革へ少数派強みに

私のリーダー論(上)

[有料会員限定]

EY新日本監査法人の片倉正美理事長(53)は監査のデジタル化を推進している。非効率な旧来型の仕組みを見直し、顧客ニーズに応える狙いだ。2019年に理事長に就いたとき、大手監査法人では初の女性トップで、年齢も通例より若かった。少数派がトップになることは固定観念を打破し、「変革を進めるための武器になる」と語る。

――昔から「リーダー気質」だったのでしょうか。

「家庭では小さいころから『やりたいことは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経営哲学やマネジメント手法を第一線の経営者に聞き、リーダーのあり方を学び探るコラム「私のリーダー論」の記事サイトです。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン