/

この記事は会員限定です

三菱商事、ラオスで陸上風力 需要増のベトナムに送電

(更新) [有料会員限定]

三菱商事はラオスで陸上風力発電事業に参入する。経済発展に伴い電力需要が急増する隣国のベトナムに送電し、現地の国営電力会社に25年間売電する。発電容量は60万キロワットと陸上風力事業としては東南アジア最大級。風力発電に適したラオスを軸に、再生可能エネルギー電源を融通する電力網を構築していく。

ラオスに陸上風力発電所を建設し、ベトナムに向けて送電網を敷設する。タイの再生エネ開発会社2社と組み、三菱商事は子会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン