/

この記事は会員限定です

宇宙旅客機、民間主導で40年代に開発 文科省が工程表

[有料会員限定]

文部科学省は2030~40年代を見据えた次世代の宇宙輸送機の開発方針を大筋でまとめた。国主導での低コストのロケットと、企業主導による「宇宙旅客機」を2本柱に掲げた。海外では宇宙開発スタートアップが台頭し、宇宙旅行など新たな市場が期待されている。国内でも企業の参加を促せるかが実現のカギを握る。

日本で打ち上げを担う主力ロケットは「基幹ロケット」と呼ばれる。現在は小型の「イプシロン」と大型の「H2A」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン