/

この記事は会員限定です

食品、上がりきらない店頭価格 割安PBへシフト 

[有料会員限定]

出荷価格の値上げが相次ぐ食品で、店頭価格への転嫁が遅れている。日本経済新聞が主要60品目を対象に、11月のスーパーの店頭の状況を調べたところ、今夏に比べた全体の平均価格はほぼ横ばいだった。前年同月に比べると0.2%下がっている。メーカーが値上げを相次ぎ表明しているものの、消費者離れを懸念する小売りが抵抗し、最終価格になかなか反映されない実情がデータからうかがえる。

全国のスーパー、470店ほどの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン