/

この記事は会員限定です

セブン&アイのCO2削減目標、30年度に13年度比半減へ

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスは2030年度の二酸化炭素(CO2)削減目標を13年度比で5割減に引き上げる。これまでの同3割減から上方修正する。太陽光パネルの設置店舗の拡大や物流効率化の推進などで上積みする。米コンビニエンスストア事業では電気自動車(EV)充電器を増設するなど、社会全体の脱炭素促進の取り組みも後押しする。

セブン&アイは主力事業の国内コンビニの約4割の店舗に太陽光パネルを設置してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン