/

ソフトバンクと佐川、自走ロボットの配送実験 屋外で

ソフトバンクと物流大手SGホールディングス傘下の佐川急便は15日、自動走行するロボットで荷物を屋外に配送する実証実験をしたと発表した。信号機の表示情報をロボットが受信し、自動で横断歩道を渡る仕組みにした。人手不足が続く物流業界で、新しい配送手段として検証を進める。

4月下旬に実験した。ソフトバンクが入居する竹芝(東京・港)のオフィスビルから、荷物を積んだ自走ロボが公道の交差点を通って約125メートルの距離を走行した。

自走ロボはソフトバンクが開発し、センサーで障害物を検知してぶつからないように移動する。実験では信号機とロボが通信し、信号機の表示を認識して自動で走行した。ソフトバンクなどによると、信号機と連携する自走ロボで屋外配送が成功したのは国内で初めてという。

走行時の荷物の温度変化や、段差の衝撃などの情報も収集した。新型コロナウイルスの感染拡大で、非接触で荷物を受け取れるシステムの需要が高まっている。両社は今後も検証を続けながら、サービスへの実用化を模索する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン