/

マスク氏、Twitterに買収提案 関連記事まとめ読み

電気自動車(EV)メーカーの「テスラ」や宇宙開発の「スペースX」などを率いる米起業家のイーロン・マスク氏が、米ツイッターに買収提案しました。マスク氏はすでにツイッターに約9%を出資していますが、全株の取得を目指しています。14日に講演したマスク氏は、買収提案の理由について「ツイッターは皆が使う『広場』となっており、そこでは誰もが自由に話せることが重要だ」と語り、インターネットにおける「言論の自由」を論点に挙げました。

マスク氏は情報発信手段としてツイッターをこれまでも積極活用してきましたが、投稿を巡って米証券取引委員会(SEC)に証券詐欺で訴えられるなど、投稿を巡る「騒動」も少なくありません。

買収提案されたツイッターの取締役会は15日、敵対的勢力による企業買収を防ぐためのポイズンピル(毒薬条項)導入を全会一致で採択したと発表しました。

巨大メディアの支配権を巡って新たに幕を開けた「イーロン・マスク劇場」は、どのように展開するのでしょうか。関連する記事をまとめました。

Twitter、買収防衛策を導入

マスク氏、Twitterに買収提案

マスク氏、Twitter株を取得

マスク氏、情報発信にTwitterをフル活用

マスク氏、Twitterの投稿を巡り「騒動」も

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン