/

この記事は会員限定です

高齢化社会の「2040年問題」 慶大、全学で解決策探る

[有料会員限定]

日本は社会の高齢化に伴い、社会保障費の増加や労働人口の減少など様々な問題を抱える。危機的な状況を回避し持続的な社会をどのように築いていくか。理工学や医学、人文社会学の分野を超えて解決策を模索しようと、慶応義塾大学は2021年4月から「2040独立自尊プロジェクト」を始めた。

日本の高齢者人口は、団塊ジュニアが65歳以上となる40年に約4000万人とピークを迎える。現役世代1.5人が高齢者1人を支え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン