/

この記事は会員限定です

三菱商事、CO2を「資源」に LNG供給網を進化

商社進化論 第7部 新興企業と駆ける(4)

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

三菱商事が脱炭素関連事業を本格化している。同社は世界中に液化天然ガス(LNG)の供給網を張り巡らすが、石炭火力発電所が世界的な脱炭素の流れを受けて撤退に追い込まれる中、二酸化炭素(CO2)の排出量が少ないLNG火力は日本の電力供給を支えている。だが、LNG火力を見る目も厳しさを増す。こうした課題を克服するため同社が組んだのが海外のスタートアップだ。

CO2減らすコンクリート

「この技術は世界の脱炭素、さら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン