/

この記事は会員限定です

「GoPro」サブスク急成長の要因 米社CEOが明かす

[有料会員限定]
日経クロストレンド

米ゴープロは主力のアクションカメラ「GoPro(ゴープロ)」のサブスクリプションサービスの契約数を、この1年間で2.5倍以上に拡大している。GoProのユーザー向けに、アプリのアドオン機能やカメラ交換などのサービスを提供する。なぜそこまで急増したのか。創業者で最高経営責任者(CEO)のニコラス・ウッドマン氏に聞いた。

ゴープロは最新カメラ「GoPro HERO9 Black」を2020年9月に発売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン