/

この記事は会員限定です

新型クラウンが前輪駆動なのは「デザイン優先だから」

[有料会員限定]

トヨタ自動車が2022年9月に発売した新型「クラウン(クロスオーバー)」。新型の大きな特徴は、歴代クラウンが継承してきたFR(前部エンジン・後輪駆動)からFF(前部エンジン・前輪駆動)ベースのプラットフォームに変更したことだ。大胆にプラットフォームを変更した理由はデザインを優先する設計思想にあった。

車高上げタイヤ大径化

「新型の開発はデザインの話から始まった」。こう話すのは同社元町工場車両品質...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン