/

東レ、排ガスからCO2分離できる炭素繊維膜を開発

東レの炭素繊維を使った二酸化炭素分離膜

東レは15日、炭素繊維の構造材を使い工場の排ガスなどから二酸化炭素(CO2)を分離できる膜を開発したと発表した。炭素繊維はCO2だけを通す小さい穴を形成しやすく、小さい膜面積で機能を発揮できるため排ガスの処理設備を従来よりも小型化できる。2025年をめどに製品化を目指す。

排ガスからCO2を取り出すには、大型の設備を使って高圧下で特殊な液体に成分を吸収させたり、特定の物質に吸着させたりするのが一般的だ。小さい膜面積で機能を発揮する分離膜を使えば、設備を小型化し投資も抑えられる。

これまでもアルミナ素材の繊維を構造材に使った分離膜はあったが、耐久性が低いなどの欠点があった。耐久性の高い炭素繊維を使うことで従来の分離膜に比べ、ガス処理装置を5分の1程度に小さくできる。

脱炭素の流れを受け、カーボンニュートラルに積極的に取り組む企業が増えるなか、東レはCO2分離膜の需要は増えるとみている。実装化に向けた研究開発を進め、35年には100億円規模の事業に育てる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン