/

この記事は会員限定です

外食大手の4~9月、純現金収支2倍 使い方が焦点に

[有料会員限定]

外食大手9社の現金収入が増えている。最終的に企業の手元に残る純現金収支(フリーキャッシュフロー、FCF)は2022年4~9月期に合計で440億円の黒字だった。前年同期の2倍となり、継続比較できる17年以降で最も多かった。新型コロナウイルス禍の行動制限緩和で客足が回復している。原材料高など先行きの不透明感は濃く、積み上げた現金をいかに効果的に使うかが焦点になる。

9社はゼンショーホールディングスや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません