/

この記事は会員限定です

大和ハウス、21年3月期純利益1820億円 年金運用が改善

22%減に上方修正

[有料会員限定]

大和ハウス工業は15日、2021年3月期の連結純利益が前の期比22%減の1820億円になったと発表した。44%減とする従来予想を520億円上回る。世界的な株高で年金資産の運用環境が改善したことで退職給付費用が減り、利益を押し上げる。配当を従来予想より6円多い年116円(前の期は115円)に増やす。

営業利益は9%減の3450億円だった。従来の予想を870億円上回る。業績が上振れた主因は、年金運用の環境改善だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン