/

東京ディズニーシー、「アナ雪」新エリアのイメージ公開

(更新)

オリエンタルランドは15日、2023年度に東京ディズニーシー(TDS)にオープン予定の新エリア「ファンタジースプリングス」のイメージ模型を初めて公開した。同エリアではディズニー映画「アナと雪の女王」などを題材とし、乗り物などのアトラクションを展開する。大規模なエリア拡張でテーマパークの付加価値を高める。

新エリアでは「アナと雪の女王」をテーマにしたアトラクションなどを展開する(イメージ)

新エリアでは「アナと雪の女王」に加え、「塔の上のラプンツェル」や「ピーター・パン」をテーマにした空間やアトラクションを提供する。模型は実際の約50分の1の大きさで作られ、新エリアのイメージを公開するのは初めて。開発過程では図面だけでなく、模型も用いながら建物や植物の位置関係なども検討する。

今回の新エリアは駐車場だった場所を活用して敷地を拡張し、総開発面積はTDSの開業以来で最大の約14万平方メートルに及びホテルも新設する。模型イメージは動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式ページでも公開している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン