/

富士通、つながる車のデータ収集の支援サービス

富士通は15日、通信機能を備えたコネクテッドカー(つながる車)などで集まるデータの活用を支援するサービスを22日から提供すると発表した。データ収集時の通信量を平準化したり、分散管理したりして大量のデータを扱いやすくする。データの管理費や通信費の削減が期待できるといい、自動車メーカーや損害保険会社などの利用を見込む。

ドライブレコーダーなどから取得するビッグデータ活用の取り組みが進む一方、集められるデータが膨大で価値のある情報を十分に活用できていないことが課題となっていた。

富士通が提供するデータ管理基盤「Digital Twin Collector」では、収集した大量の映像データなどを分散して管理し、必要なデータのみにアクセスできるようにする。クラウドのデータ容量や通信量を削減することで、従来に比べてコストを半減できる。

事故発生時などに複数の自動車から一斉にデータを集める場合は大量通信を制限して遅延などのトラブルを防ぐほか、類似情報の複製を抑えるなどして集めるデータの品質を高める。

損害保険会社による事故対応の迅速化や道路管理業務などでの活用を見込む。6月からは米国や欧州など海外展開も予定している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン