/

ゼンショーHDがPonta取り扱い終了へ 選別の動き鮮明

日経クロステック

牛丼チェーンの「すき家」などを展開するゼンショーホールディングス(HD)が共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」の取り扱いを終了することが15日までに分かった。楽天グループの「楽天ポイント」やNTTドコモの「dポイント」などの取り扱いは継続する。加盟企業の間で導入ポイントを選別する動きが鮮明になっている。

7月4日いっぱいで、すき家や回転寿司チェーンの「はま寿司」、ファミリーレストランの「ココス」など約3700店舗でPontaの取り扱いを終了する。同月5日以降はPontaの加算や利用はできなくなる。

ゼンショーHDは2019年4月、楽天ポイント、Ponta、dポイントの採用を表明し、グループ店舗に順次導入していた。今回、Pontaの取り扱いを終了することについて、ゼンショーHDは「定期的にポイントサービスの見直しをかけているなかで、今回の判断に至った」(広報室)とコメントした。

共通ポイント業界の競争環境は激化している。ソフトバンクZホールディングス傘下のヤフーは22年3月末、各種サービスとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の「Tポイント」の連携を終了させていた。PayPay(ペイペイ)は22年10月以降、「PayPayポイント」をグループ外に開放することを明らかにしている。

(日経クロステック/日経コンピュータ 山端宏実)

[日経クロステック 2022年6月15日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン