/

この記事は会員限定です

東急リバブル、マンション査定業務をAIに移行 22年から

[有料会員限定]

東急リバブルは2022年からマンションの取引価格の査定業務に人工知能(AI)を導入する。過去の成約事例から査定したい物件と条件が似たものを選び、査定額を算出する作業を自動化した。営業担当者が査定業務にかけていた年間約1万5000時間を削減できると見込み、業務の効率化や営業活動の強化につなげる。

AI技術を手掛けるRist(リスト、東京・目黒)と共同で「参考にする物件の絞り込み」や「査定額の算出」、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン