/

この記事は会員限定です

抗菌薬開発「国の保証制度導入の検討を」 感染症会議

第9回日経・FT感染症会議

[有料会員限定]

世界で脅威となる感染症の対策について、国内外の専門家が話し合う「第9回日経・FT感染症会議」(主催・日本経済新聞社、共催・英フィナンシャル・タイムズ)では16日午後、抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性(AMR)問題に立ち向かうために国や企業などがどう連携するかをテーマに議論した。

感染症を引き起こす細菌に抗菌薬などを使い続けることで、耐性菌が生まれて効きにくくなる状態がAMRだ。被害は深刻でAMRによ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経・FT感染症会議

「日経・FT感染症会議」は、国内外の企業、行政機関・団体、アカデミアなどすべてのステークホルダーが一堂に集まる国際会議です。2014年に「日経アジア感染症会議」として始まり、具体的なアクションプランを日経グループのグローバルメディアを通じて国内外に提起してきました。本年は第8回アフリカ開発会議(TICAD8)と連携し、感染症有事に強いグローバルヘルスの在り方や日本の貢献を議論。G7サミットなどをふまえて薬剤耐性(AMR)対策についても発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン