/

この記事は会員限定です

宇宙の謎を地下で解く ハイパーカミオカンデ建設開始

[有料会員限定]

大都市では土地有効利用のため、より深い地下の開発が進んでいるが、先端科学では地上で得られない環境を実現するため、地下深部の利用が活発になっている。日本での舞台は奥飛驒山中の神岡鉱山(岐阜県)だ。小柴昌俊氏と梶田隆章氏の2度のノーベル物理学賞の成果を生み出した場所だ。素粒子の新たな観測装置「ハイパーカミオカンデ」の建設も始まった。

地下が地上と異なる点は、宇宙線と呼ばれる宇宙から降り注いでいる粒子が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン