/

保育支援の千、業務軽減システムを保育園に無償提供

IT(情報技術)活用で保育を支援する(東京・千代田)は園内業務を軽減するシステムの保育園への無償提供を始めた。同社は自治体の補助金制度の存否でシステム導入が難しい施設があるとみている。無償提供で保育園のシステム活用を後押ししていく。

千は園児の登園や降園、保護者との連絡帳のやり取りなどを保育士がデジタル上で管理できるシステムを手掛ける。待遇面の課題で保育士は人手不足の状態が続く。紙ベースの作業をデジタル化することで業務負担の軽減につながるため、近年は各施設でこうしたシステム活用が進む。

一方でコスト面で導入できない保育園もある。千によれば、2020年度は東京都内の6割の自治体で保育園がITシステムを導入した際の補助金制度を設けていなかったという。同社はインターネット上の写真販売が収益の柱となっており、システムの導入・月額利用の無償化に踏み切った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン