/

この記事は会員限定です

石炭火力への風圧一段と 日本の電力、競争力低下懸念

[有料会員限定]

第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)は石炭火力発電所の段階的な削減で合意した。「基幹電源」の一つとして発電量の3割を石炭火力に頼る日本の動きは鈍い。世界の潮流に乗り遅れれば、国際社会での発言力が低下するだけでなく幅広い産業で競争力を落としかねない。

COPの合意を受けて大手商社は15日、「以前から石炭火力は順次削減している」とコメントしたが、日本全体への中長期の影響は小さくない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り872文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン