/

この記事は会員限定です

救急車をAIで配置、到着最大3分早く システムを開発

[有料会員限定]

千葉大学発スタートアップのSmart119(千葉市)は、救急要請が多く発生する地域を予測し、救急隊を効率よく配置する人工知能(AI)システム「救急需要予測AI」を開発した。救急隊の到着時間を最大で3分14秒短縮できる可能性があるという。

川崎市が4月に導入する。Smart119は2022年6~9月に川崎市内で実証実験をした。システムが救急要請が多く発生する場所を予測し、その近くの消防署などに重点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません