/

この記事は会員限定です

ヤマダデンキの広告事業 小売り視点の2つの課題

[有料会員限定]

「リテールメディア」と呼ばれる小売企業のメディアネットワークが本格的に普及し始めている。小売大手が買い物客の習慣について貴重なデータを収集し、広告主がこうした企業自身のサイトや他のネットワークで販促キャンペーンを磨き上げるためにデータを利用できる仕組みだ。

家電量販店としてリテールメディアに挑むのがヤマダデンキだ。同社は2021年4月にサイバーエージェントと共同で広告サービス「ヤマダデジタルAd...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5413文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません