/

この記事は会員限定です

小売りの3~5月業績、コロナ前回復 外食は苦境続く

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

小売業の業績が回復してきた。主要64社が15日までに発表した2021年3~5月期の純利益は新型コロナウイルス禍前の19年3~5月期を5%上回った。商品構成や店舗を見直し「巣ごもり消費」を取り込んだ。酒類提供や営業時間の制限が長引く外食業は苦境が続き、消費系企業の間で業績が二極化している。

消費系の上場企業のうち業績を継続比較できる計107社を小売業、外食業、アパレルに分けて日本経済新聞が集計した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン