/

この記事は会員限定です

航空、世界で200社創業 コロナ禍で人員・機材割安に

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で打撃を受けた航空業界で、新規参入が増えている。2020~21年に計212社が創業し、18~19年の181社を上回った。コロナ下で既存各社が事業を縮小し、割安な航空機や人員を確保しやすくなったことが背景にある。雇用の受け皿として期待されるが、事業環境が安定しないなかで経営を軌道に乗せられるかは不透明だ。

英航空情報会社シリウムによると航空会社の創業社数の直近のピークは15年の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン