/

この記事は会員限定です

上場企業の配当性向、首位はデンソーの87% 21年3月期

決算ランキング

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍という逆風下でも企業が株主還元を強めている。2021年3月期の全体の配当性向は約4割とコロナ前の19年3月期を上回った。増益だった企業をランキングすると、自動車需要が回復したデンソー、巣ごもり消費を取り込んだセイコーエプソンなどが上位に入った。主要企業では減益で増配した割合も3割にのぼり、コロナ禍の守りの財務で過去最大水準に膨らんだ手元資金を活用する動きが鮮明だ。

上場企業全体の前期の配当性向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン