/

この記事は会員限定です

ADEKA、台湾に先端半導体向け新工場 25億円投じ

[有料会員限定]

ADEKAは台湾での先端半導体向け材料の生産を2024年に始める。25億円を投じて新工場を建設し、シリコンウエハー上のトランジスタ同士が情報をやり取りする配線材料をつくる。回路線幅が最先端の5ナノ(ナノは10億分の1)メートルよりもさらに狭い次世代品で採用される見通し。5ナノレベルに対応できる企業は世界でも5社程度とみられる。

現地では台湾積体電路製造(TSMC)などが回路線幅が5ナノの最先端品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン