/

この記事は会員限定です

「やっぱり見られている」 ネット広告、追跡型に不安

混迷 デジタル広告(1)

(更新) [有料会員限定]

「やっぱり見られているのかな」。都内に住む30代男性会社員は眉をひそめる。

会社のパソコンを開くとしばしば表示される転職サイトの広告。少し前に何気なく転職関連情報を検索したところ、様々なサイトやアプリに転職広告がしつこく現れるようになった。会社の人に画面がのぞかれないかひやひやしている。

ウェブやアプリの利用状況から関心や嗜好を把握しそれに応じた広告を表示するターゲティング(追跡型)広告。この男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン