/

この記事は会員限定です

飲食予約、前週比6割減 昨年の宣言時も下回る

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大を受けて飲食店の予約が急減している。1月第3週(15~21日)の予約数は前週と比べて6割落ち込んだ。東京などで緊急事態宣言が出ていた2021年同期と比べても2割減っている。会食を禁止する企業も相次ぎ、新年会シーズンの後半の需要が吹き飛ぶ。飲食店の経営が再び苦境を迎えつつある。

飲食店の予約・顧客管理サービスを手掛けるテーブルチェック(東京・中央...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン