/

この記事は会員限定です

留守電内容を自動で文字起こし アイブリーが新システム

[有料会員限定]

電話自動応答システムを手掛けるIVRy(アイブリー、東京・台東)は、留守番電話メッセージを自動で文字起こしするシステムと専用アプリを開発する。これをテコに主力システムの導入先を1年後に2000事業者に増やす。開発に充てるため、顧客解析ソフトのプレイドなどを引受先とする第三者割当増資で計3億円を調達した。

アイブリーのシステムは営業時間の確認など簡単な問い合わせには自動音声が応じ、その他は内容ごとに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン