/

この記事は会員限定です

ワクチン打つか否か おたふくかぜで探る「浸透」への道

[有料会員限定]

ワクチンの安全性に関する詳細な分析に注目が集まる。日本小児科学会はおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)ワクチンの接種データの全国調査を実施中だ。副作用の頻度が低いと分かれば定期接種への道が開ける。子宮頸(けい)がん予防のワクチンでは国内の研究が積極的勧奨再開を後押しした。新型コロナウイルスのワクチンでも安全性への懸念はつきまとう。データの積み上げと分析、公表でワクチン「浸透」へ模索が続く。

日本小児科学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2062文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン